住宅ローン審査落ちた理由は何?

一般的に、住宅ローン審査は金利が安いなどの好条件になるほど審査が厳しいと言われています。
又、都市銀行やメガバンクも審査が厳しいという話です。
真意のほどは分かりませんが、人気が高い銀行は借りたい人が多く集まるのでハードルが高いということは察しが付きますね。
審査に通る目安は、年収300万円から400万円、勤続年数3年以上、団体信用保険加入可能な健康状態と言われています。
「自分はこの条件を十分満たしているのに審査に通らなかった、落ちた理由が分からない。
」と思っている人は、もしかしたら審査を申し込んだ銀行の客層が、あなたの属性より上の人たちが多い銀行だったのかもしれませんよ。
銀行では「年収300万円なら融資します」なんて明言はしていませんから、借り手が年収500万円クラスの人が多く集まる銀行だったら、年収300万円は弾かれてしまうかもしれません。
ですから、地方銀行や信用金庫など審査が甘めと言われる銀行も視野に入れることが大切です。
基準に通らない住宅ローンの審査に落ちたら?