ETCカードで一番得する年会費無料カードはどれ?

自動車免許を取得して友達と車で遠出をする際に首都高をはじめとした高速道路を利用すると思います。

そんなときに利用すると便利なのがETCカードです。

たまに料金所の現金レーンで渋滞が起きているのを見ますよね。

そんなときにETCレーンが利用できれば比較的スムーズに進めます。

ETCカードを作るにはクレカを作る必要があり、クレカをすでに持っている場合は追加申し込みをすると発行されますが新しくクレジットカードを作るときには入会審査が必要になります。

また、各カード会社ごとに特徴や年会費の有無など違いがあるのでカードの利用頻度などから自分の生活環境に合うカードを探してみてください。

高速道路の料金所でみなさんは一般レーンとETCレーンのどちらを利用しますか?今でも一般レーンを使って現金・クレカ払いの人もまだいますが約90%の方はETCカードを使っての無線通行をするという結果が出ています。

では、ETC利用時のメリットについて少し調べてみました。

最も大きなメリットとして、料金所で券や現金を係員と直接やりとりする時間がなくなることではないでしょうか。

もう一つの大きなメリットは夜間割引などの料金割引が適用されることです。

特に東京湾アクアラインでは割引前と後で差額が大きく割引前は現金・クレカ支払いの普通車料金が約3000円のところ、ETC割引適用で800円と半額以下になります。

高速道路の料金所で止まらずに通行できることや料金が割引されるなど便利でお得なETCカードですがその普及率はどうなっているのでしょうか。

NEXCO東日本のHPに載っている利用率調査によると平成30年3月に高速道路を走行した中の約90%の車で使われていたそうです。

つまり、ほとんどの方がETCを利用しているということです。

料金割引も例えば東京湾アクアラインでは普通車のETC料金が800円ですが一般レーンで現金支払いをすると約3000円と大きく違います。

こんなに差額があるとETCを使っていない人も使いたくなりますよね。

カードの作り方ですがすでにクレカをお持ちの方はマイページで追加発行、クレカを持っていない方は新規でクレカ申し込みする際に同時にETCカードの申し込みもできます。

皆さんは普段、高速道路を利用する時にETCカードは利用されていますか?もし利用していないならすごくもったいないです。

なぜかというとETC利用で高速道路の料金割引が受けることができるからです。

例えば、NEXCOが管理している地方部の利用料が30%オフになるんです。

他にも休日割引や深夜割引といったサービスも行っているようです。

また、割引が適用されない区間でもほとんどの人が経験したことがあると思う料金所一般レーン直前の渋滞を気にすることなく通過できます。

ここまで読んで損してたなぁ、カード作っておきたいなと思った方は所持しているクレカ会社に追加で発行してもらうか2枚目、3枚目のクレカを申し込むときに一緒に発行してもらいましょう。

大学生になって車の免許を最近取ったという方もいると思います。

長期休暇の時に友達と遠出を考えているならぜひETCカードを使いましょう。

ここではETCカードの作り方を解説します。

カードの作り方としては大きく分けて2種類があります。

クレカ会社で申し込み、発行しているクレカタイプと各高速道路会社が共同発行しているETCパーソナルカードという2種類です。

基本的にはクレカタイプで入手することをお勧めします。

その理由としてはクレカタイプの場合は新規申し込みと同時に申請できるので時間がかからず、すでにクレカを持っている場合は追加申し込みで簡単なのに対しパーソナルカードでは発行時に最低4万円の保証料を預ける必要があります大学進学など生活環境も変わり車の免許を取って遠出をしたいと考えている方もいると思います。

免許取り立ての方はクレカは持っていてもETCカードは持っていない方が多いと思います。

ネット上でもどこで作れるの?といった質問も見受けます。

なのでETCカードの作り方について少し調べてみました。

まずはじめにETCカードは購入するものではなく申し込みをして入手するものになります。

ネクスコ東日本などの高速道路事業社が発行しているETCパーソナルカードと一般的にETCと呼ばれてイメージするクレジットカード会社発行のカードの2種類があります。

もし持っているクレカ会社がETCも発行しているなら追加発行の申し込み、ETCパーソナルカードは審査に時間がかかるので基本的にはクレカと一緒に申し込みましょう。

休日に車で旅行をする際にみなさんは高速道路料金の支払い方法をどうされていますか?多くの人はETCカードを使っていると思います。

実際にNEXCO東日本の調査では平成30年3月のETC利用率は約90%になっているそうです。

なぜこんなに利用率が高いのか調べてみたところ一般レーンでの支払いと違い小銭を準備しなくていいことや料金割引が適用されて一般レーンを使うより安価でお得という理由がありました。

一例として、木更津?川崎間を横断している東京湾アクアラインでは普通車料金が一般レーンでは3090円なのに対してETC無線通行の利用では800円と2000円以上違います。

また、親となるクレジットカードによってはガソリン給油時の割引などがついているカードもあります。

車の免許を取ったばかりの方の中にはETCカードを所持していないから知人からカードを借りてくる。

という話をよく聞きます。

技術的には他人名義のカードでも使えますがETC制度とは違う面で問題があるので家族・友人間でもカードの貸し借りはしないでください。

なぜかというと、クレジットカードの利用規約に本人以外の利用禁止という文が載っているからです。

少しわかりやすく書くとETC制度もクレカと同様にカード会社が一時的に利用料金を立て替え払いをして名義人の口座から後日引き落とすという形をとっています。

この支払方法はカードを作った名義人とカード会社の信用を前提にして成り立っています。

名義人以外の信用関係が成り立っていない人が利用しているのは明確に規約に反するためカードが停止される可能性を含んだ行為になります。

この前、ネットで調べ物をしていたらこんなトリビアを見つけました。

それは、現金レーンでの支払いをETCカードで払えるということです。

料金所入口でカードを係員に渡すことで処理を行われるようですが基本的にはETCの利用は無線通行が原則となっており無線通行しない場合は通行に関する内容がわからなくなるため距離料金が適用されません。

料金所入口がETCレーンエラーで無線通行できない場合は、料金所のスタッフに「車載器を搭載している」ことを伝えてカードを渡して処理をしてもらってください。

出口料金所の利用時に料金所のない入口を通行していた場合は料金算出の起点が不明になるのでその料金所から最も遠い料金所のない入口から計算されるようです。

高速道路の利用料金が自動で引き落とされるETCですがインターネットを見ていたらこんな質問がありました。

「ETCカードで給油はできますか?」という質問です。

結果としては、基本的にはできません。

「基本的に」と書いたのは、クレジット機能付きの一部ETCカードの場合は給油できるからです。

では、どこで申し込めばクレカ機能も付いた一体型のカードが発行されるのでしょう。

調べてみたところ出光やコスモ石油などガソリンスタンドで申し込めるカードにクレカ一体型が多いようです。

クレカ一体型は一枚で買い物やETC利用ができるので管理が楽ですが高速道路を走っている途中に休憩をしようと一度車載器から抜いてからではないと決済できないという少し面倒な面もあります。

「大学生のうちにクレジットカードを作っておこう」と言うアドバイスを聞いたことはありませんか?学生にクレジットカードはまだ早いんじゃない?と思う方もいると思いますが学生はクレカの審査基準が少し緩く設定されているので審査の厳しくなる社会人になる前に申し込みをしましょう。

ということなんですまた、学生専門ローンの中にはポイント還元率のアップやある年齢(例えば26歳)まで継続するとゴールドカードへ自動ランクアップするなどのメリットもあります。

その際、車を利用される方はETCカードの申し込みも同時に行っておきましょう。

ネットショッピングなどでクレカを利用・滞納せずに返済することで個人信用情報機関にクレジットヒストリーというものが記録されます。

若いうちからクレジットヒストリーを作ることで社会人になってから利用上限額などが上げやすくなります。

車の免許を取った学生の方の中にはクレカを持つのが不安でETCカードだけ作りたいという方も少なからずいると思います。

そんなETCは使いたいけどクレカは作りたくないという方向けにETCパーソナルカードというものがあります。

このカードはデポジット(補償金)を預ければ誰でも作ることができますが平均利用月額に対して5千円単位(5000?、10000?)で切り上げた額の4倍以上の金額を補償金として預け入れなければなりません。

逆に言えば、補償金を預けることさえできれば長期滞納などでクレカを作れない方でも発行できます。

クレカを持っている方との特に大きい違いがこの点です。

また、別途年会費が発生しその額も通常のETCカードよりも高いです。

ガソリンを給油するときに現金やクレジットカード払いなどの支払い方法が選べます。

最近ETCカードを持っていなかったので作ろうと思い調べていたところカードによってガソリン給油時に値引きやクレジットカード利用時のポイント付与が2倍になるなどの特典がつくお得なカードもあるようです。

例として、楽天カードの場合、ENEOSで給油やメンテナンス時にポイント還元率が2倍になり貯まったポイントで支払いもできるそうなのでよく車を利用される方や高速道路で遠出する方は給油時の特典があるカードの利用がお得です。

このようにどんな特典があるかカードごとに違うので申し込む際はいろいろ調べてみてください。

最近ETCカードを申し込もうと思って調べていたところあまり世間的に知られていないと思われる豆知識が出てきました。

それは、車載器がなくてもETCカードで高速道路の利用は可能ということです。

車載器が設置されていない場合はETC専用レーンではなく一般レーンを使い料金所係員にカードを手渡せば読み取ってくれるので通行可能になります。

スタッフに手渡しで利用する場合、人件費削減などの人件費削減や渋滞の解消が目的とした部分が手渡しでは意味がありません。

そのため通常の利用ポイントはついてもマイレージポイントなどの特別ポイントは付かないことや休日割などのETC割引が適用されないなどのデメリットがあります。

なので皆さんもETCを利用する時は損しないために車載器を付けましょう。

ETCカードを利用して高速道路の出口を通る際、車載器の故障などがなければETCレーンの無線機と車載器で通信が行われゲートが開きます。

万が一出口でエラーが発生してしまった場合、どうしたらよいのでしょうか。

走行中にエラーが発生したら車載器からエラーの警告音が出ます。

ETCレーンが故障していたとしてもゲートのバーには「STOP」の表示のみが出て、バーも上がりません。

バーが上がらなかった時のためにETCレーンに減速しながら入っていくことになっています。

バーに接触してしまうと事故扱いになるので気をつけて車を停めましょう。

その際、焦って車外に出ないようにしましょう、事故につながります。

バーの手前にインターホンがあるので係員の指示に従うようにしましょう。

多くの場合、係員に直接カードを渡して精算になりますがETC割引は適用されるので安心してください。

引用:ETCカード年会費無料のおすすめ11選【2018年最新】